2人で店内を
みてまわる

『これがほしい!』
と、あっくん

『え、これでいいの?』
と何回もきく私

『うん、これがいいの!』

やっぱり
あっくんは
あっくん
だった






















パートナーに
干渉しない

お互い
むかんしん

はなしも
したくない

どうしても
ってときは
子供が会話の
パイプ役

子供たちも
さっしてる

リビングで
だんらん?
ありえない

どんよりした
マイホーム

でもね

そんな
冷めきった
カンケイが

何年つづいて
いたとしても

離婚はしない














ふたりとも
デートだと
おもっていたら

それはデート

どちらかが
デートだと
おもって
いなかったら

それはデート
ではない




あの人が
そういってた

私もたしかに
そうおもう















↑このページのトップヘ